労働者派遣事業サービス
労働者派遣事業サービス


経験を積んだ社会保険労務士が代行します

 労働局の受給調整事業部門で許可申請相談業務を行っていた社会保険労務士が担当致します。

 

キャリアコンサルティングをサポートいたします

 派遣法改正後、キャリアコンサルタントが義務付けられました。ジョブカード作成アドバイザー資格保有のキャリアコンサルタントがご相談に応じます。




   派遣事業をスタートするためには、煩雑な申請書・計画書の作成や添付書類の準備など、多大な時間と労力を必要とします。事業経営に専念したい時の時間と労力は貴重です!それらをアウトソージングすることにより、手続きに要する時間と労力を本来の経営に集中して注ぐことができます。


 
 

>労働者派遣事業の許可申請

•派遣労働者を一人でも派遣する場合は、この「労働者派遣事業」の許可が必要です。

•労働者派遣事業を行うには、厚生労働大臣の許可を受けなければなりません。

  特に、資産要件や事業所要件など要件のチェックが重要になってきます。

 

•当事務所では事前の打ち合わせから許可申請まで丸ごとサポートいたしますのでご安心ください。 

 労働保険・社会保険等の手続きも含めたお得なプランもご用意しております。

 お気軽にお問合せ下さい。

【派遣許可申請手続き一覧】


 


労働者派遣事業の更新申請

  労働者派遣事業の新規許可の有効期間は3年です(当該更新後の許可の有効期間は5年と なり、以後同様となります。)。有効期間満了後も引き続き労働者派遣事業を行おうとする 場合は、許可の有効期間の更新申請を行う必要があります。

労働者派遣事業の支援

 労働者派遣事業は、派遣労働者が派遣元事業主に雇用されながら、派遣先から指揮命令を受けて労働に従事するという複雑な形態で事業が行われています。このため、労働者の保護と雇用安定の観点から適正な事業運営や特別な雇用管理が求められています。
派遣元、派遣先それぞれの責任の所在を明確にし、労務管理を行わなければなりません。


派遣元(派遣会社)事業主の実施すべき主な事項
   
労働条件の明示
   派遣時の就業条件の明示
   労働時間の管理
   36協定の締結、届出
   割増賃金の支払い
   年次有給休暇の付与
   就業規則等の作成、周知
   雇入れ時の安全教育
   一般健康診断の実施
   派遣元管理台帳の作成
   キャリア支援の教育訓練
   キャリアコンサルティング 等々   

  

■派遣先事業主の実施すべき主な事項
   
労働時間の管理
   派遣先管理台帳の作成
   特殊健康診断の実施 等々

 

■派遣元と派遣先の連携事項 

   適正な労働者派遣契約の締結
   労働時間の連絡体制の確立 等々

上記事項は、労働基準法をはじめとする労働関係諸法令に規定されています。これらの法律は毎年のように改正されており、一事業所で
すべての改正情報を把握し、業務に反映していくことは容易なことではありません。
 当事務所は、法律改正の情報をいち早くお届するとともに、改正に対応した方法をご提案させて頂きます。


 

 

キャリア支援

 

派遣元事業主は、雇用している派遣労働者のキャリアアップを図るため、
  @段階的かつ体系的な教育訓練
  A希望者に対するキャリアコンサルティング
  を実施する義務があります。

■主なキャリア形成支援の制度
○派遣労働者のキャリア形成を念頭に置いた段階的、かつ体系的な教育訓練の実施計画を定めていること

○キャリアコンサルティングの相談窓口を設置していること ・相談窓口には、担当者(キャリアコンサルティングの知見を有する者)が配置されていること ・希望する全ての派遣労働者がキャリアコンサルティングを受けられること

○教育訓練 ・入職時訓練は必ず行うこと ・フルタイムで1年以上の雇用見込みの派遣労働者について、毎年概ね8時間以上の教育訓練 等々

 キャリア形成支援は、許可の要件にもなっております。労務支援とともにキャリアコンサルティングのアウトソージングにもご対応いたします。



 


労働者派遣事業ポータルサイトが
リニューアルされました。

http://szk-office.jp/












初回面談相談無料


すずき社会保険労務士事務所
〒061-1273
北海道北広島市大曲柏葉1丁目
6-6
TEL:011-312-0838
FAX:011-376-3442

SRPマーク
社会保険労務士
個人情報保護事務所

認証番号:第1600277号










 

 
 

リンク集